準備の思い出 新生活編

  • 2014.10.03 Friday
  • 14:13
JUGEMテーマ:夫婦への道のり

これまでは結婚式の準備について書きましたが、
結婚=二人での新しい生活が始まることですので、
新生活の準備も、しなければなりません。
これも結構、お金がかかるんですよねー。。。

【新居探し】
賃貸にしろ、購入にしろ、希望の地域やら間取りなど、
事前に二人で話し合っておきましょう。
実は私達、新居を巡って大ゲンカしましてね・・・汗

最初に内見した物件の、日当たりをめぐってでした。
後で分かったことですが、その物件の真上を飛行機が飛ぶので、
どのみち騒音が気になってたと思うと、そこにしなくて良かったです。
やっぱり、家事をする上でどーしても譲れないことは譲れないで、
主張してもいいかと思います。
どーせ家事をするのは、女性が中心になりますので(^^;)

【家具・家電】
知り合いに、一人暮らしをしていた時の物があるのに、
全て新品にこだわって買い換えたと言う人がいましたが、
きっととんでもなく、お金かかったでしょうね。。。
お互い実家暮らしだったりすると、出費は大きいでしょう。
うちの夫は新品にこだわる人でもなかったので、
私が一人暮らしだったのもあり、使えるものはそのまま使うことにしました。
なのでリビングの、特にTV周りは、
「前のあびちゃんの家そのままやね」
と友人に言われます(笑)

新たに買ったのは、冷蔵庫・食器棚・ガステーブル・
ベッド・ソファ・テーブル・洋服用チェスト・ドレッサーくらいです。
そのうち、ベッドは義母のプレゼントだし、ドレッサーは私の実家からの
プレゼントですので、そこまで大きな出費にならずに済みました。

【保険】
これは必ず、見直ししておいた方がいいです!
実は、私達は数カ月様子を見てから入りなおそうとしてたのですが、
あっという間に妊娠が分かったので、出産まで入り直しができません。。。
私のようにツワリで入院する人もまれにいますので、
女性は特に、医療保険は必ず見直しましょう。

【生活費】
お互いにどれくらい出費があるのか、事前に整理した方がいいでしょう。
共働き前提でも、突然、どちらかが仕事出来なくなってしまう
とも限りませんので、基本的には旦那さんの給料だけで
生活費を賄えるようにした方がいいです。
うちも初め、「(収入的に)そんなの無理」と言われたのですが、
私のツワリが酷くなって仕事が出来なくなってしまったので、
さすがに考え直したようです(^^;)


いろいろ手続きもたくさんあるし、決め事もありますので、
初めは何から手をつけたらいいのか分からず、戸惑いました。
私はゼク○イのサイトに会員登録して、そこの段取りチェックを活用しました。
彼や両親も招待出来るので、次に何をしなくちゃいけないのか、
私が何に興味を持ったのかもメールが届くので、
情報が共有出来て、本当に助かりました。

最近は、ネットでもたくさん情報を入手できますので、
情報誌などともうまく活用して、効率良く準備をしてくださいね。

準備の思い出 演出編

  • 2014.09.29 Monday
  • 12:26
JUGEMテーマ:夫婦への道のり

一番悩ましいのは、ゲストをどうおもてなしするか、
余興はどうするかといった、演出だと思います。
情報誌にも、先輩花嫁さんのアイデアなどがたくさん載ってて、
みんなよく思いつくなあと、感心したものです。

困ったことに、私にはアイデアの神様は降りてこず、
具体的なイメージが掴めないまま、当日になってしまいました。
ここではとりあえず、自分達はどうしたのかだけにしておきます。

【挙式】
実は私、チャペルはとても気に入ったのですが、
どーしてもキリスト教式にしっくりきませんでした。
カナダに居た頃、試しにミサに参加してみたものの何か違和感を感じ、
信者でもないのに宗教色を出すことに、抵抗があったからです。
式場に相談してみたところ、十字架を取り外して
人前式も可能とのことだったので、迷わず人前式にしました。
ゲストの皆さんの方を向いて、予め考えておいた誓いの言葉を
皆さんに向かって宣言し、承認をいただくという形式です。

また、年齢的に独身のゲストもあまりおらず、
みんなの前に出るのは恥ずかしいという声も挙がったことから、
ブーケトスはしませんでした。
その分、親族や友人達と、ゆっくり写真を撮る時間が撮れました。

【余興】
私には全くアイデアが無かったのですが、幸い夫がもう決めていて助かりました(笑)
義姉がプロのトランペッタートランペットなので、2曲ほど演奏をお願いし、
夫の会社の後輩さんが、映像の余興を用意してくれました。
どちらもゲストに好評で、自分たちも楽しめました!

【ゲストへのメッセージ】
私の友人は、遠方からだったり、子持ちだったりなどの理由で
ゆっくり話せる時間がないことは分かっていましたので、
一人一人へ短いメッセージを手書きして、席においていただくよう
式場へお願いしました。

【両親へのギフト】
産まれた時の体重と同じ重さのベアとか、感謝の詩とか、
双方の両親が要らないと言うのは分かってた(笑)ので、
私達の生まれ年に製造されたワインをプレゼントしました。
ま、当時の保存技術は余り良くなかったそうで、
渋すぎて飲めないらしいですが(^^;)

【BGM】
意外と時間がかったのが、BGM決めでした。
これこそ、人に寄って好みが全く違いますし、雰囲気もガラッと変わるので、
正解というものがなく、難しいんですよね〜!
あまり音楽に興味のない夫から、ほぼ丸投げされたので、
新郎の中座以外はすべて、私の好みで決めました。
(義姉はミュージシャンなのに、兄弟でこうも違うのか・・・^^;)

私は洋楽が好きなので、昔の曲から新しい曲まで、手持ちのCDだけでなく、
ランキング番組やらiTunesやらを使って、探しまくりました。
好きな曲でも、明らかに失恋ソングと分かるものは避け、
式場の音響担当者にも、いろいろ相談に乗ってもらいました。
下記のサイトも、参考になりましたよ〜。

http://weddingxsong.com/

http://www.thebeautifulmusic.net/

いろいろ悩んだ甲斐あって、選曲が良かったと友人に言われたときは、
思わずガッツポーズが出ちゃった(笑)


知り合いには、ケーキ入刀やキャンドルサービスを省略して、
大きなお酒の樽を準備して鏡割りをしたというカップルもいます。
二人ともお酒好きだったので、ちょうど良かったとか。

皆さんそれぞれアイデアがあると思いますので、
プランナーさんとまずは相談してみてくださいね。

準備の思い出 メリハリ編

  • 2014.09.28 Sunday
  • 23:59
JUGEMテーマ:夫婦への道のり

結婚式(特に披露宴)はお金がかかるとはいえ、
あまり節約し過ぎても、招待客への印象に
影響を与えてしまうこともあります。


【料理】
料理が美味しいだけで、招待客への印象は断然良くなります!
基本プランでは、フルコースより1品少ないコースだったのですが、
男性ゲストにとっては、物足りない事が多いと夫の意見もあり、
1品追加して、フルコースにしました。

私達は、実はタイミングが合わずに試食できなかったのですが、
ブライダルフェアでのワンプレートランチが、感動するほど美味しかったので、
あまり心配はしていませんでした。
信頼通り、年配のゲストでも全て食べきれるほど美味しいと
言っていただけたので、本当に安心しました。
でもやっぱり、試食はしておくことをオススメします。

【会場装花】
基本プランに含まれている装花だけでは、かなり寂しい
印象を与えてしまうことが多いようです。
特に会場が広いと、ランクアップせざるを得ないのですが、
これがまた、万単位で跳ね上がっていくんですよねえ・・・。
外部からの持ち込みが出来ればいいのですが、私達の場合は
衛生上の問題を理由に、一切できませんでした。
見積もり金額が、大幅にアップすると覚悟した方が良いでしょう。

【写真】
皆さん仰ると思いますが、ゼッタイにプロに頼むべきです!
友人が一眼レフを持っていたとしても、新郎新婦にずっとついているわけでもないし、
仕上がりも断然違うんです。
私達のプランでは、外部には頼めなかったのですが、裏を返せば、
それだけ会場を熟知しているカメラマンということでもありますので、
撮って欲しい場面や一緒に撮って欲しいゲストなど、リクエストをリストにして渡しました。
おかげで、アルバムの仕上がりには満足しています。

外部のカメラマンにお願いする場合は、結婚式の写真を経験しているプロで、
出来れば、その会場を経験している人がベターです。
リクエストがあれば、事前に打合せしておくことをオススメします。

【ブーケ】
ブーケは、生花が長持ちするように加工されることもあり、
近所のお花屋さんと比較しても、軽く2倍はしてたような。。。
私の場合ですが、自分が小柄なのもあって
あまり大きなブーケではバランスが悪くなってしまうことから、
やや小ぶりのブーケにし、ウェディングとカクテルの両方で兼用しました。

【衣装】
これは節約というよりは、妥協し過ぎない方が良いというものです。
基本的には、花嫁さんが着たい衣装を着るのが、一番です。
ただ、例えばガーデンウェディングのような会場で裾の広がった
プリンセスラインだと歩きにくいし、お色直しの回数が増えるほど
衣装代+支度代もかかってきます。
会場に合わせて、新郎も花嫁さんの希望を叶えられる範囲で
出来るだけ聞いてあげてください。

【ペーパーアイテム】
節約のために、自分たちで印刷するという手もありますが、
あまりに手作り感が出過ぎると、安っぽいイメージを与えてしまう恐れも。。。


いろいろバランスが難しいのですが、お金をかけてでもこだわりたい所があれば、
他の所で節約してみるなど、メリハリが大事になります。
結婚式だけでなく、新生活の家具や家電にもお金がかかりますので、
新郎新婦の二人でよく話し合って決めてくださいね。

準備の思い出 節約編

  • 2014.09.22 Monday
  • 14:11
JUGEMテーマ:夫婦への道のり

式場が決まったら、いよいよ作業が始まります。

式場との打合せが始まるのは、4か月前くらいからになりますので、
時間に余裕のある方は、ドレス探しをしたり、
手作りアイテムの作成を早めに始めると良いでしょう。

ウェディングアイテムって、こだわりだすとイチイチお金がかかりますので、
節約できるところは節約した方がいいです。


【ペーパーアイテム】
招待状や座席表など、ペーパーアイテムが外部持ち込み出来る場合、
持ち込み料が無料or安いなら、持ち込んだ方が安いでしょう。
持ち込みができない場合、何円分までプランに含まれているのかを確認し、
オーバー分無しor小額に収めるのが無難です。

宛名書きは、代筆を頼むことも可能ですが、やっぱりお金がかかります。
自筆or活字プリントがやはり、安いかと思います。

【持ち込み品】
・リングピロー:これもこだわると高いんですよねー・・・。会場によっては、
        貸出ししてくれるところもありますので、確認してみてください。
        どのみち、挙式でしか使わないし、招待客からは見えないんで(^^;)
・ウェルカムボード:似顔絵などは特に、2〜3万以上もします。
          私はネットで、5千円くらいになってるのを見つけて注文しました。
・ウェルカムドール:実は私、初めは準備する気はありませんでした。
          友人の結婚式でも、あまりちゃんと見た記憶がなかったので、
          無くても大丈夫だろうし、手作りする時間もないし・・・と思って。
          たまたま、裁縫が得意な母が手伝いを申し出てくれたので、
          母に手作りしてもらいました。
・ドラジェ  :披露宴後のお見送り時、ゲストに配るプチギフトのことです。
        私達は招待客数が多かったので、ネットで単価の安いタワー型のにしました。
        タワー型は、迎賓時に飾ると受付スペースも華やかになりますよ。

ネットでのオススメは、こちらのサイト。
http://www.piary.jp/


【ドレス等衣装】
私達が決めた式場は、提携先が4つもあったのですが、
衣装代そのものはどこも、あまり大差はありませんでした。
ただ、プランに含まれている金額を差し引いた追加料金分は、
式までに時間があまりないということで、値引き合戦がありました。

買い取りや持ち込みではなかったので、そちらの方はよく分からないのですが、
ネットで、オーダーメイドで安く作ってくれるサイトもありましたので、
2次会の衣装は、ネットで注文しました。


【衣装小物】
小物専門のお店があるくらい、こだわる人はこだわるんだそうです。
私達も、お店を覗いてみたんですが、見てるだけでも楽しかったです。
ただ、お色直しをする場合、衣装ごとにアクセサリーも変えますので、
こだわり過ぎると、高くなってしまう恐れも。。。
それぞれ予算と相談しながら・・・がいいかなと思います。
私は、ドレスショップ経由で購入orレンタルした方が安かったので、
その中から衣装と合わせて選びました。

こだわる方は、コチラのお店もオススメです。
http://www.jp-brugge.com/

【演出】
プロフィールビデオ&エンドロールビデオを準備したのですが、
式場のは、とにかく高いです。。。
プロフィールビデオは、外部の業者にお願いしたので、
それはそれなりに良い物に仕上がってはいますが、
まあやはり、映像編集ができる友人がいるようだったら、
そちらにお願いしても良かったなあと、思います。

エンドロールは、当日の挙式などの写真をどうしても使いたかったので、
これだけは、式場にお願いしました。
当日の写真や映像を使う場合は、式場でも外部でも、金額は変わりません。


【引出物&引き菓子】
私達は、式場で行なわれたフェアで、気に入った業者を1つ選びました。
そのフェアの特典として、送り分けをしても、全品1割引きで、
且つ一番注文数の多い引出物を1品、新郎新婦にもプレゼントとしていただきました。
外部持ち込みができない場合は、こういうフェアを利用した方がお得だと思います。


【ブライダルエステ】
これもまあ、コースや業者にも寄るのですがー。
式場内の美容室経由で申し込んだ方が安かったことが、後で判明して
ちょっと悔しい思いをしました。
1回のみエステ&ブライダルシェービングコースもありますので、
式場にも確認してみることを、お勧めします。


他にも節約ポイントはあるのかもしれませんので、
お友達にも聞いてみた方が、いいかもしれません。
「ブライダル」と名が付くだけで、イチイチお金がかかってしまう
仕組みになっていますが、お金をかけてでもこだわりたいポイント、
節約したいポイントを、基準を作っておくと良いかなと思います。

100日超え。

  • 2014.09.22 Monday
  • 09:51
JUGEMテーマ:夫婦への道のり

今月15日で、結婚100日を迎えました。
あっという間のような、ずいぶん昔のような・・・。

今思えば、ツワリのきつさに比べたら、結婚式の準備は楽だったなぁ(^^;)

でも、式の準備も、基本的にはみんな初めてのことだらけなので、
いろいろ調べたり周りに教えてもらいながらになるかと思います。
そこで、自分の備忘録も兼ねて、準備のことを書いていきたいと思います。


まずは、式場選び。
国内であれば、式場の情報はやはり、情報誌やブライダルカウンターで
仕入れるのが定番でしょう。
自分の知らなかった所も、知ることができますし、
また、ブライダルジュエリー店や、ドレスショップでも
式場を紹介している所もあります。

皆さんこだわるポイントが違うので、ブライダルフェアは、
気になった所は全て参加しても、損はしないと思います。

【フェア申し込み】
地域にも寄るかもしれませんが、私達はジュエリー店経由で申し込むと、
少し割り引きしてくれた会場がありました。
情報誌経由よりもお得になる場合がありますので、申し込みルートも
意外とポイントになるかなと思います。

【招待客数の確認】
身内だけでの式と、友人なども招待する式と、人数によって
式場側からの提案や見積もり金額も異なってきますので、
フェアへ参加する前までに、ざっくりと人数を出しておきましょう。

【試食】
出来れば、ワンプレートでも試食の出来るフェアがおススメです!
定番のフランス料理でも、そのシェフによって味やボリュームも違うし、
好みも様々分かれてくるんです。
また、実は和食の方が得意など、会場の特徴もありますので、
そういうのを見極めるためにも是非、試食付きのフェアをお勧めします。

【ドレス】
会場によっては、提携のショップ以外からの持ち込み料金がかかるとか、
持ち込みそのものが不可だったり、全て買い取りオンリー(!!)
という所もあったりします。
もし、○○のドレスがどーしても着たい!
という希望がある方は、確認した方が良いでしょう。
または、そのドレスショップにまず行き、そこから式場を紹介してもらうのも一つの手です。

【決済方法】
実は式場に寄って、支払方法・期限は様々なんです。
ホテル系だと、当日よりも前に支払いを済ませなければならないところが
多い傾向があります。
中には、9日前までにというところも・・・!
うちの弟達は、式当日、披露宴が終わった後に現金払いだったそうです。

また、クレジットカードが使える場合は、ショッピング枠を結婚式用に
増額してもらうよう、カード会社へ申請する必要もあります。
式場に寄り様々ですので、見積もりを出してもらうと同時に
支払方法を是非、確認してください。

【カメラ】
フェア当日は、カメラで会場の雰囲気を撮影しておきましょう。
日によって、これから本当の披露宴直前という会場を見せてもらえますので、
テーブルや椅子の間隔や、会場装花、高砂からの風景なども参考になります。
もし、フェア用だけの飾りつけの場合は、けっこうオプション料金が高くつくような
飾りつけになっていますので、比較するのも良いかと思います。

【見積もり】
式の希望日程までに半年もない場合、各会場はいわばバーゲン状態になり、
通常より安いプラン料金を設定し始めます。
その場合、いろいろ条件が出てきますので、条件の内容は
1つ1つ確認しておいた方がいいでしょう。
私達も、式まで4ヶ月しかない状態で申し込みをしたのですが、
ペーパーアイテムやカメラマンの持ち込み不可など、
条件が様々ありましたので、結局お得だったのかどうかよく分かりません(^^;)



とはいえ、実際にフェアに行くと、ちょっと舞い上がっちゃって、
夢見心地になっちゃうんですよねえ〜(笑)
その時はその時で、招待客になったつもりで見学してもいいと思います。

ドレス決定♪

  • 2014.03.30 Sunday
  • 22:30

今日、ウェディングドレス(WD)&カクテルドレス(CD)が決まりました!

私達の場合、挙式&披露宴をする会場との提携店から
探さなければならないプランでした。
それ以外からの持ち込みは出来ないのですが、
ただ提携が4店舗もあったので、とりあえず全部廻って、
ドレスショップを絞るところから始めましたテヘペロ

いや〜、それぞれ雰囲気が全然違うものなんですね〜っ!

シンプル系、ゴージャス系、エレガント系、かわいらしい系。
世の中にはたくさんのドレスショップがあるので、
好きなドレスブランドから、会場を紹介してもらって
準備を始めるカップルもいるんだとか。
(因みに、私達はエンゲージリングを買ったお店からの紹介。)
特徴がそれぞれあるので、そういう決め方もあるんだなあと勉強になりました。

WDもCDも、同じ店にして欲しいとプランナーさんから言われてたので、
両方のバランスから探す必要がありました。
その中で選んだのが、某有名デザイナーのブランド。
有名ブランドだからきっと高いだろうし、まあ試着だけ・・・の覚悟で行ったんです。

そしたら意外にも、他のお店と変わらなかったんです!
しかも式が6月に迫って時間にあまり余裕がないからという理由で、
ショップ間の値引き合戦が始まっていました(笑)
WD&CD共に、他のお店と比べて断トツ気に入ってた私達にとっては、
願ったり叶ったりで、迷うことなくショップは絞られました。

WDもその時点でほぼ心は決まり、後はCD選び。
試着しているうちに、自分に似合う色やデザイン等が分かるようになるものの、
雰囲気の異なるドレス2〜3着で、かな〜り迷いました。
そして今日、彼とうちの母も付き添って、迷っている2〜3着を
着比べたところ、やっと3人一致で1着に絞られました。

すぐに、新郎のタキシード選びに入り、
色目の違う2着にとりあえず絞って、今日のところは終了。


因みに今日、ランチも兼ねて、二次会の会場も下見してきました。
なかなか美味しかったし、場所もオシャレな所だったので、
こちらも即決で予約をすることに決定。
後は、ほぼ幹事さんにお任せすることになります。

二次会のドレスは、レンタル料がけっこう高かったので、
ネットで安くて可愛いものを見つけ、増税前に購入注文しましたピース
試着出来ないのが


ショップ絞りから始まること、1ヵ月半。
衣装が決まり、次のステップへ進めることになりました。
来週は、会場との本格的な打合せが始まって、
その後に二人とも並んで試着して、小物合わせまでする予定です〜。

いろいろ準備中

  • 2014.03.29 Saturday
  • 23:59
JUGEMテーマ:夫婦への道のり

また随分時間が開いてしまいました。

2月22日大安、無事に結納を済ませました。
私の実家近くに仕出し屋さんが無いということもあり、
某ホテル内の料亭で、最後の振袖を着て臨みました。
自分たちで進行したので、お互いぎこちない感じでしたが、
滞りなく婚約が整い、エンゲージリングをはめてもらった時は、
ちょっと安心して、涙が出てきちゃいました。

私の父も、普段は仏頂面で無口なことが多いのですが、
この日ばかりはいつもよりお酒が進み、
自分たちの新婚時代の話や、孫(私の甥っ子)の話を
饒舌に語っていたので、喜んでくれているんだなあと。。。
とても良い1日でした。


今月は、招待状の宛名書きや、ドレス選び、プロフィールビデオに使う
写真選びやエピソード書きなどがメインでした。
プロフィールビデオは、式場ではなく外部の業者に頼むことにしたのですが、
小さい頃のエピソードなどをシートに書く欄が多く、
親にも書いてもらうシートがあったりで、けっこう時間がかかったなあ。

ただ、これらを元にシナリオライターが私達のプロフィール
ビデオだけの為にシナリオを作って、1つの作品に仕上げてくれるという
サービスなので、仕上がりがとても楽しみです。

あとは、消費税対策として、マリッジリングも早めに注文して受け取ったり、
リングピローやウェルカムボード・二次会用の衣装も早めに購入したり、
新居を探したり、友人にスピーチ等の依頼電話をしたり。


そう言えば先日の連休中、彼・彼のお姉さん・お母さんと4人で飲みに行ったら、
楽し過ぎて女性3人がグデグデに酔っ払い、見事に二日酔いになりました(笑)
私も彼の実家に泊めて頂いたのですが、頭痛でなかなか起き上がれず。
朝ごはんも、彼が準備してくれるという・・・。
こんな嫁っぷりでいいのか、ワタシ汗

お仕事のあったお母さんは、昼過ぎに彼にLINEを送ってきて、

 『あびちゃん大丈夫?お母さんは、気分が悪くてお昼も食べれません』

結局、夜もほとんど食べられなかったそうです(^^;)
お姉さんも朝早くから仕事だったのですが、大丈夫だったかなあ。。。


来月からは、いよいよ本格的に式場との打合せが始まります。
新居への引越も来月末になってしまったので、すごく忙しくなりそうムンク

周りの友達からも、この期間が「一番モメる」とは聞いていましたが、
こういうことだったのかあと、いろいろ実感中です(笑)
でも、みんな結婚式をやって良かったと口を揃えて言うし、
これらを乗り越えるからこそ、彼との絆がより強くなるのかなあと思って、
1つ1つ準備をしているところです。

6月7日まで、あと2カ月ちょっと。
二人で強力しながら、1つ1つ頑張っていきます!

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM